品川駅で事務所を借りよう

2020年に開催が予定されている東京オリンピックに
伴って、東京ではそれに対応した再開発が様々な
場所で行われていますが、中でも交通の要所たる地として
品川周辺の再開発が注目されています。

品川~田町駅間の新駅開業を始めとして、付近の商業施設
開発や、ビジネス物件以外の住居用のマンション開発なども
予定されています。

そもそも品川駅は、東京湾を臨み、人と物の輸送の要として
発達してきましたが、近年、有名企業などの進出も進み、
また前述した、来たるべき東京オリンピックイヤーに向けた
更なる開発が、ビジネスと運輸の街という既存の価値に
加えて新たなる多様性を品川にもたらそうとしています。

東海道新幹線という日本の大動脈路線の始発駅としても
機能するようになった品川駅ですが、羽田空港という
海外との窓口との親和性も高く、近年国際都市への
展望を見せています。

このように再開発の進む品川駅近辺は、昨今、事業用の
オフィスを構える場所として大きな注目を浴びています。
http://www.at-office.co.jp/line/tokyo/12669/18457/
では、そのような品川駅周辺の賃貸事務所や賃貸オフィスの
物件を数多く集めています。

人と物が動き、地域が大きく変貌と進化を遂げようと
する時、また新たな商機というものも生まれます。
再開発の進む品川という場所にオフィスを定めるのは
今が絶好の機会でしょう。

便利な東京でオフィスを

東京は何と言っても日本の首都ですし、毎日サラリーマンの人たちや、たくさんの人が行き交う大きな町として有名です。 東京で仕事をしていこうと思った時、日本の首都であるこの町で、一大事業を立ち上げようと意気込んで起業される方もたくさんいらっしゃることと思います。 東京に賃貸オフィスを構えることで便利な理由の一つとして、やはりアクセスが良いという事が一番に挙げられるのではないかと思います。

電車を使う場合、東京駅からは、東京メトロや京浜東北、山手線などの複数の路線がありますから、どこへ行くにしてもいろいろな線を乗り継いでいけば目的地に着くことができるというメリットがあります。 タクシーやバスなどもすぐにつかまえられるようなところですし、便利に利用できるのではないかと思います。 また、ブランドイメージとしてもとても良いのではないでしょうか。東京にオフィスを構えている、と言っただけでも、一流企業のにおいがするかもしれません。 バーチャルオフィスで東京の住所を持っている人もいるかもしれませんが、実際にオフィスを東京に構え、通勤することで、気分的にも、東京と言う大きな地を肌で感じられて、そのやる気は仕事にも反映されるかもしれません。 東京駅付近で賃貸オフィスを構えたいと考えている人は、一度インターネットで調べてみてはいかがでしょうか。 http://www.at-office.co.jp/choice/choice=18442/にて東京駅付近の賃貸オフィスを検索できます。

注目の街「品川」

大規模再開発のおかげで、ここ近年生まれ変わったのが「品川」ではないでしょうか。
駅そのものを商業都市にする事ができました。
以前までは、、高輪エリアと港南エリアが分断される形になっていて、不便を感じる方も多かったのですが、
開発により、高輪と港南のそれぞれにしかなかった改札口を中央に設置し、そこを起点に広々としたコンコースを設け、高輪と港南の行き来が便利になりました。

東海道新幹線が停車する駅なので、名古屋や大阪方面へも行きやすく、京浜急行を利用すれば羽田空港まで30分以内で行けるという、大変交通便が良い場所で、ビジネスをするうえでも注目を浴びている街といっても良いでしょう。
品川を東京の玄関先という人もいるくらいで、日本全国のみならず世界へも行きやすい街なのです。

開発とともに、たくさんのオフィスビルが建ち並びました。
便利性が高い品川でオフィス探しをしませんか。

http://www.at-office.co.jp/line/tokyo/12669/18457/
こちらのサイトも参考に・・・。

品川は、次々とオフィスビルが建築中です。
国内最大級スケールの1フロア1500坪越えの超巨大オフィスが2015年に誕生予定です。
LED照明や高性能の良い複層ガラス・省エネ性能など最新のものがつまったオフィスです。
こちらのオフィスビルのように、品川には最新のオフィスビルが他にもある為、オフィスを探している経営者にも注目を浴びています。

オフィスを選ぶポイント

賃貸やレンタルなど、どのようなオフィスにしても選ぶポイントがあります。
どのようなポイントに注意して選べばいいのでしょうか。

まずは、部屋の広さやレイアウトです。
広くても狭くても自分たちが求める広さと一致していなければいけません。
安いからと言って安易に狭いオフィスにすると、しばらくしたらやっぱり
不便で引越しをしなくてはいけないという状況となると引越し費用や物件探しの時間など
無駄が生じてしまいます。
また広すぎて、何も使わないスペースがあるとその分まで費用を月々払っていることとなりますので
費用が嵩んできます。
やはり業務にあわせて、また従業員の人数などにあった部屋を選ぶようにしましょう。
そしてレイアウトは、部屋を見学に行きぱっとどのような使おうかイメージがわくところがいいでしょう。
窓があるとある程度光の具合を考えてレイアウトできますし、仕切りなどを上手に用いて
お茶をいれることができるスペースを作ったり資料などをしまえる棚を置く場所を考えましょう。

また空調についてもみておくポイントです。
エアコンの位置は特に重要であり、ビル全体で管理がされていればエアコンがある位置を確認し
どのように調整されているかを聞いておきましょう。部屋ごとについていたり、入居してからつけるのであれば
好みの場所を選んでつけることができますがもともとついている物件ではやはり確認しておくことが必要です。

選ぶポイントを自分なりにおさえて、オフィスを選んでいきましょう

入居審査

賃貸オフィスを借りるときに避けては通れないのが、「入居審査」です。
いくら、気にいった、条件が良いオフィスを見つけられても、「入居審査」を通らないと貸してもらう事ができません。
では、「入居審査」とはどんなものなのでしょうか。

「入居審査」の基準は、ずばり、その貸主によって違います。
明確な基準が無いというのが正直なところです。
明確に審査基準を設けているところもあれば、
民間調査会社などの評点で何点以上が絶対条件と決めているところもあります。

「入居審査」の基準はありませんが、どちらの貸主さんが審査対象として挙げられるのは、「印象」です。
例えば、極端に無茶な条件交渉をしてくる方などは、あまり良い印象はもてません。
そういう入居者は、入居してからも無理な要求をしてくることが多いので、貸主の立場になると最初から貸さない方が良いという考えが生まれてしまうのです。

また、新規設立の場合や設立年数の浅い会社ですと事業としての実績がないので、厳しく見られる傾向にあります。
それらの方は、審査通過のためにもしっかりとした事業計画を作成しておくことをオススメします。

「入居審査」の前に、まずはしっかりと物件選びです。
http://www.at-office.co.jp/

最近は、賃貸オフィスの専用のサイトが豊富なので、利用すると良いでしょう。
そして、気にいった物件があったら、早速下見の予約をして実際に目で見て確認して下さい。

オフィス移転の理由

企業の事業規模や業務の内容は、常に一定というわけではなく、
その構成人員も変動していく事が常ですので、それらの変化に
応じて賃貸オフィスも住み替え(借り替え)ていくのが一般的です。

賃貸オフィスを変える―移転する理由には様々なものがありますが、
移転理由の代表的なものとしては、事業規模の拡大などに対応する
ためのオフィス拡張、より安い賃料の物件への借り替え、
また、拠点の統廃合や縮小に伴う移転、また止むに止まれぬ
理由としては、賃貸物件の取り壊しに伴う移転や、耐震性に
不安のある物件から、耐震性基準を満たした物件への移転など
があります。

また商機的な立地の有利性を求めて、好立地の場所に移転先を
求める場合などもあります。

いずれにしても賃貸オフィスを移転するということに付いては、
事前準備から事後の調整まで、時間的にも費用的にも負荷が大きく、
従業員への業務に対しても影響の大きいイベントとなりますので、
頻繁に移転を繰り返すことはあまり得策であるとは言えません。

移転に伴っては住所の変更はもちろんのこと、電話番号が変更に
なることもあるので、取引先や得意先への周知方々、
関係各方面へのアナウンスが必要となります。
また、各種印刷物(名刺や会社案内)や自社ホームページの
案内なども変更する必要があります。

オフィスの移転については綿密な段取りとスケジュール調整も
必要になってきます。

会社登記の会社名について

レンタルオフィスやバーチャルオフィスを借りたら、
早速その住所で登記を行う人もいますが、会社を登記する際に
使用するその会社の本名とも言うべき「商号」については
命名のためのルールが法律によって決められています。

新しく事業を起こして会社名を決め、その名前を登記する際も
そのルールに則って登記を行わなければいけません。

例えば、同じ住所に在しない限り、既存の会社名と同じでも
登記上問題はありませんが、既存の知名度の高い会社の
名前の効果を狙って、意図的に同一の社名を用いることは
許されていません(罰金対象です)。

また使用できる文字にもある一定の制限があります。
記号もピリオドやハイフンといったある一定のものを文字間の
仕切りとして使用すことは出来ますが、基本的に発音の
出来ないこれらの記号を会社名の先頭に置くことは出来ません。

以前まではカタカナの小文字が認められていなかったので、
会社名にカタカナの小文字がある場合は、大文字で置き換えた
商号で登記を行っていました。

商号に使用できる文字については、近年使用できる文字が
増えたことで商号の幅が広がったと言えますが、
実際に会社名として使用するに当たって、覚えにくい名前や
発音しにくい名称、例えば電話で何回も聞き返されるとか
間違って覚えられるといった会社名にはしない方がよいでしょう。

起業したてでは、特に奇をてらって目立つような会社名を
付けたくなったり、流行りの文言を付けてみたくなるかも
しれませんが、自分の会社として堅実で長く使用に耐える
名前にするべきでしょう。

会議を定期的にする場合

会議を定期的に行って行こうと考えているけれど、どういた会議が嫌われて、どういった会議がよしとされるのかがわからないので困っているという人、多いの ではないかと思います。会議によっては、みんなの士気が大幅に下がってしまうものもありますし、それは避けたいものです。では、嫌われてしまう会議とは、 どういったものなのでしょうか。

まず、やたらと長くなってしまう会議です。長くても2時間程度が限界になってくるかと思いますが、3時間以上と、ものすごく長い時間社員を拘束して会議を しているところもあるのではないでしょうか。新しいことにチャレンジするため、新規のプロジェクトなどを立ち上げた場合には話し合うこともたくさんありま すし、連絡事項も多いでしょうから仕方ないかもしれませんが、通常の月例会議、毎週の会議で3時間は長すぎるのではないかと思います。

そういった場合は、あらかじめ会議の進行内容を決めておくのが良いのではないでしょうか。最初の15分で連絡事項、通達事項を社長が話し、そのあとは話し てが変わって、30分間は先月起きたトラブルについてディスカッションする、その30分が過ぎたら次は、というふうに、時間を設定してしまう方法です。最 初の連絡事項の時点で20分くらい使ってしまったとしたら、これは急がなくてはいけない、と思った方がいいですし、必要最低限のことだけ連絡して、ひとつ ひとつの事項に対してあまり掘り下げて深く話すのではなく、次に行くといった方法が取れます。

オフィスデザイン

経営者ならば、理想い近いオフィスを作りたいものです。
理想に近づける為に、賃貸オフィスを契約をして、デザインを専門の業者に依頼する人もいます。

デザインオフィスを依頼する事で、社員のモチベーションが上がる事もあるでしょう。
お洒落で綺麗な職場は、職員の憧れの職場です。
企業イメージも向上するでしょう。
あの、お洒落なオフィスの所ねっと記憶に残りますね。
最終的には会社の収益を向上させる事ができたら、経営者にとっては理想のオフィスになることでしょう。

デザインオフィスは、オフィス家具メーカーがオフィスデザインの依頼先と勘違いされている方も多いでしょう。
もちろん、オフィス家具メーカーでも構いませんが、オフィスデザインを専門に手がけるデザイン会社も最近は多いです。

オフィス家具メーカーの場合、使用するオフィス家具がこちらのメーカーになる事が多いでしょう。
デザイン会社では、色々なメーカーの家具を使用するでしょう。

どちらの会社が良いかは、その企業によると思うので、経営者の理想に近いデザインになる方を選べば良いでしょう。
しっかりと見積表を出してもらい、比べるとよいです。

最近は、デザインオフィスをしてくれる企業は増えていて、インターネット検索でも探せるようになりました。
サイトでは、今までの施行例の写真が載っている所もあるので、参考にすると良いでしょう。

そして、少しでも理想に近いオフィスを作って下さい。

レンタルオフィスの短所

経営者の中では、レンタルオフィスを好んで選んでいる人は多いです。
レンタルオフィスには、長所が沢山あるからです。
初めにかかる費用がやすかったり、家具や備品が揃っていて直ぐにビジネススタートができたりするところが人気です。
また、同じビル内に会議室もあり、予約すれば利用もできます。
長所がいっぱいあるレンタルオフィスですが、短所はないのでしょうか。
今回は、短所をみつけていきましょう。

まずは、費用が安いといいますが本当に安いのでしょうか。
賃貸オフィスに比べると、敷金や礼金が少額な為、確かに初期費用は安いです。
レンタルオフィスの料金利用には、様々なパターンやオプションサービスがあります。
このパターンを自分のビジネスに合うように組み合わせるのですが、頭を悩ます事が多いのです。
オプションのつけ過ぎ等で、賃料が上がってしまう事もしばしばあります。

急に多人数や増員を希望して仕事をする場合、こちらのオフィスだと無理な事が多いです。
他にも利用者様がいますし、自社だけが利用しているのではないので、自由度はありません。
最初に業務スペースも考えなければなりません。

レンタルオフィスは、都心の一等地にある事が多いです。
もし、場所にこだわらなければ、都外の賃貸オフィスを選んだほうが、賃料が安くなる場合があります。

オプションサービスも充実しています。
しかし、オプション料金は割高に設定されている事が多いので、
使い過ぎには注意をした方が良いでしょう。